オートキャンプ場紹介オートキャンプガイド

キャンプスタイルは人によってそれぞれで、いろいろな楽しみ方があります。釣りをしたり、バーベキューをしたり、花火をしたり、場所によっては温泉に入ることができたりもします。

サイトトップ > 東北地方のオートキャンプ場

スポンサードリンク

オートキャンプ場紹介オートキャンプガイド

東北地方のオートキャンプ場


東北のオートキャンプ場ですが、特に、日本海側の気候は、フェーン現象により夏は晴天が多く高温になります。逆に太平洋側は、フェーン現象で暑くなる日と曇天で気温の低い日があるので注意してください。


【弥生いこいの広場オートキャンプ場(青森県)】(1区画 3000円・電源1Kwにつき300円 )
シーズンは4月末~10月末となります。広場を中心に、レストラン、売店、無料休憩所がある複合施設で、動物広場には約40種類の動物もいて、子どもに大人気のオートキャンプ場です。


【須川湖キャンプ場(秋田県)】(日帰り210円、泊まり420円、貸しテント、840円(5人用)、ボート30分530円、自転車1時間530円 )

シーズンは5~10月。須川湖の湖畔の静かなキャンプ場で、36か所のデッキテントサイトがあります。白樺のロマンチックな景色が楽しめる環境の中でボート、釣りなどが楽しめる場所です。


【ころもがわオートキャンプヒルズ(岩手県)】
空気も澄んでいて実にきれいな星空が眺められます。又、キャンプ場内の池では釣りが楽しめますし、手作り教室なども開催されています。周辺にはニュージーランド村、巌美渓など他の観光スポットも充実しています。車で5分のところに黒滝温泉があります。


【牡鹿町家族旅行村オートキャンプ場(宮城県)】
目の前に金華山と海が広がる眺めのよいキャンプ場です。キッチン、お風呂場、寝室完備のケビンもあります。


【月山・弓張平オートキャンプ場(山形県)】(大人500円、小人(小学生~高校生)250円、オート1区画4000円、A電源使用料1000円、テント専用1区画3000円、コテージ1万円)
シーズンは6月~10月末。月山山麓の弓張公園にあるキャンプ場です。重厚な造りのコテージがあるのが特徴で、周辺の月山スキー場では春夏スキーも楽しめるのが特徴です。


【曽原湖オートキャンプ場(福島県)】
フリーテントサイトのシンプルなオートキャンプ場です。大自然の中での本格的なキャンプでゆったりと時間を過ごせます。


オートキャンプ場紹介オートキャンプガイド