オートキャンプ場紹介オートキャンプガイド

キャンプスタイルは人によってそれぞれで、いろいろな楽しみ方があります。釣りをしたり、バーベキューをしたり、花火をしたり、場所によっては温泉に入ることができたりもします。

サイトトップ > 四国地方のオートキャンプ場

スポンサードリンク

オートキャンプ場紹介オートキャンプガイド

四国地方のオートキャンプ場


四国にもオートキャンプ場がたくさんありますが、お勧めを紹介しましょう。

【相生森林文化公園 あいあいらんど(徳島県)】
きれいに整備された芝生が美しい森林文化公園の中にあります。入園料は無料、オートキャンプ場は1区画3000円で利用できます。公園内の「森林工房」では手作りの木工作が楽しめます。テニスコート、野外ステージ、バーベキューなど遊べる施設がいっぱいです。


【休暇村讃岐五色台オートキャンプ場(香川県)】
瀬戸大橋の美しい夜景と、瀬戸内の多島美が眺望できるオートキャンプ場です。テニスコートやプールなど、リゾート気分で遊べる施設もあります。又、五色台はドライブスポットでもあります。携帯電話は、現在auのみ使用できます。


【松山市野外活動センター(愛媛県)】
キャンプゾーンは「レインボーハイランド」の愛称で親しまれている野外活動センターの中にあります。キャンプゾーンの他に、スクールゾーン、アドベンチャーゾーンがあり、子どもの自然学習のための施設になっているのが特徴です。大人数に対応できるロッジや常設テントや、フリーテントサイトもあります。小説「坊ちゃん」のゆかりの道後温泉にも20分で行けます。


【ゆとりすとパークおおとよオートキャンプ場(高知県)】
ハーブ園やハーブ温室、ハーバルハウスが隣接しているのが特徴のオートキャンプ場です。ハーブ園は段々畑のようになっていてハーブと四季折々の花が咲いています。ハーブ温室では一年中、世界各国のハーブが鑑賞でき、この中に入ると、ナチュラルなハーブの香りで満たされていてアロマテラピー効果もあります。又、キャンプ場からは四国山脈の雄大な自然を眺めることができます。


オートキャンプ場紹介オートキャンプガイド